2012年10月29日

テナーサックスを使った後のスワブでの唾液の掃除の仕方を真似てみた

少し吹いてみて、やはり口笛のように自由には吹けない。
当たり前です。

そんなに簡単じゃあソニーロリンズや
コルトレーンはいませんから(*゚▽゚*)

音が高くなりすぎたり、
どこで息継ぎしてよいかわからない。

それが最初の吹奏後の正直な感想です。
実際にはもっとカッコよく吹こうと練習したんですよ!!

本番では力んじゃって駄目でした。
でもこうやって記録を撮ると課題がはっきり見えて励みになります!!

練習後のスワブはサックスを落とさないために、
ネックストラップにつけてスワブを通すって知ったのでやってみました。



スワブで掃除した後は、
タンポの唾液を吸い取っています。

楽器はメンテをしないと早く
壊れるので面倒くさくても
必ずやりましょうね。

ネックには小さな方のスワブで
唾液を綺麗に拭きました。

年に一二度はプロにメンテナンス
してもらった方が良さそうです。








posted by fだふぇw at 23:26| 使用後の唾液の清掃 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。